マンションを高く売りたい人は必見です

MENU

一社一社査定するのが面倒なら『一括査定』

マンションを売りたいと思った時に、まず最初にやらないといけないのが『マンション価格の査定』です。

 

自分の住んでいるマンションが一体どのくらいで売れるのか、大体の相場を知ることから始まります。

 

しかし、マンション価格の査定をしている業者さんは沢山あります。

 

そしてその一社一社で査定額が違ってくるので、出来るだけ多くの業者さんに査定額を出してもらいたいものです!

 

ところが、それを自分で一社一社やろうと思うと、すごく面倒で時間がかかり、かなりの労力を必要とします。

 

そんな時、一度で多くの査定をしてもらうのに役立つのが『一括査定のふじたろう』です。

 

一括査定は、手間がかからず、知りたい情報を一気に集められるので非常に便利です。

 

マンションを売りたい時に、一社の査定額だけで決めてしまう人はほとんどいませんので、やはり一括査定でしっかりと情報を集めることが大事です。

 

色々な業者の査定額を比べることによっては、素人でも大体の相場が掴めてきます。

 

万が一、買い手がつかないでマンションの値引きをする際にも、色々な査定額を知っておくことによって、「ここまでは下げても良い」と基準となる金額を把握できるようになります。

 

 

https://www.fujitaro.com/

 

地場不動産会社よりも大手の方が査定額が高い傾向

特に一番高く評価してくれる業者さんに売りたいと思っている人は、一括査定を利用することをおススメします。

 

査定額は基本的に地場不動産会社よりも、やはり大手の方が査定額が高い傾向があります。

 

 

必ずしもその通りではありませんが、やはり中小規模と大手の仲介業者では、宣伝効果も違いますので、希望購入者を集められる力に差が出てきます。

 

中小規模の仲介業者は、大手ほど知名度がないので、やはり集客力という意味では、大手には敵わない部分もあります。

 

しかし、マンションの売買というのは、希望者がを多く集められれば必ず購入者が決まるというわけではなく、時には大手では希望者が多く殺到したけど、実際に購入したのは中小規模の仲介業者からの紹介なんてことも多々あります。

 

大手は希望者は集まりやすいですが、実際に決まるかどうかは別物です。

 

売り手としては、やはり次から次へと、希望者を紹介してくれる大手の方が好ましく思えるかもしれませんが、紹介数は少なくとも、中小規模でも十分購入者が決まる可能性がありますので、やはり大手には大手の魅力がありますが、中小規模の仲介業者を選んでも十分可能性はありますので、最終的には自分で感じた仲介業者との相性も考えてみましょう。

 

200万円〜700万円も差が出るケースも!

そして仲介業者によっては、最低額にかなり大きな差が出る場合もあります!

 

100万円や200万円程度であれば、さほど気にしないでも良いですが、さすがに500万円とか700万円以上の査定額の差が出てきますと、査定額を重視して選びたくなってしまいます。

 

売り手にとって、査定額が大きければ大きいほど、やはり売れた時のメリットが大きいので、当然の心理だと思います。

 

しかし、マンション売買では、『査定額=実際に売れる金額とは限らない』というのは常識です!

 

中古の物件は、高値がつけばつくほど、『ハードルが高くなる』ため、よほど立地が良いとか、よほど新築同等の条件ではない限り、高額で売るのは難しいのです。

 

中古と大して変わらない金額だったら、新築のマンションでも買ってしまったほうが良いという考えの人が多数です。

 

そのため、中古で新築くらいの高い査定額がついても、実際にはその価格で売れることは難しいのです。

 

同じような間取りで、新築と中古で値段が同じだったら、どっちを選ぶかというと、やはり新築を選ぶ人は多いです。

 

立地の良さなど、よほどのプラス要素がない限り、中古が新築同等に高く売れることはありません。

 

まずはその点を、しっかりと理解しておく必要があります。

 

 

査定額を調べたら媒介契約を依頼しよう!

査定額から気になる不動者会社を見つけたら、今度は媒介契約を依頼しましょう。

 

媒介契約をすることで、不動産会社が購入希望者を募ってくれるので、後は買い手がつくのを待つだけです。

 

マンションの売り手にとって、媒介契約をする会社を選ぶところまでが、まず最初の関門になります。

 

その後は、媒介契約を結んだ会社から、定期的に活動状況の報告を聞いたり、購入希望者の紹介を受けることになりますが、双方の合意で売買契約が成立するまでが、非常に難しいケースが多いのです!

 

立地も良くて綺麗な物件は、やはり希望者も多く決まりやすいですが、やはり立地や部屋が悪い場合は、多少の値下げもしないと、実際には買い手がつかないというケースも多いです。

 

特に汚い部屋の場合、早く売りたい人はリフォームをして手を加えてから売りに出すことも多いですが、「絶対にリフォームはしない」と、手間やお金をかけない場合は、購入価格を下げることでしか、なかなかお客さんが決まらないケースもあります。

 

やはりマンションの売買は、「誰がローンを組んでまで汚い部屋を買うか?」という問題を考える必要があります。

 

高く売りたいのであれば、それなりの手間やお金をかけるのは大事です。

 

 

更新履歴