マンションを売りたいならタバコ対策は必要です

MENU

タバコのヤニがひどければクロスの張り替え!

マンション売買で、最も嫌われる要素の一つに『タバコの跡』が挙げられます。

 

タバコを吸うと禁煙家には耐えられないニオイが残ってしまったり、何よりも天井までびっしりと黄色く変色したヤニつきの壁紙にがっかりしてしまいます。

 

タバコの跡にはネガティブな印象がつきやすいので、やはりしっかりと対策を取る必要があります。

 

喫煙者にとっては「ヤニなんて壁紙を張り替えればいいじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、タバコを吸わない人からしたら、自分は吸わないタバコのために、「なんで私がタバコで変色した壁紙を張り替えないといけないの?」という気持ちが出て来てしまいます。

 

住む時に、色々と自分でリフォームをして住まないといけない物件は、やはり面倒なものです。

 

ただでさえ、お金がかかるのですから、買い手だって、手直しをしないで住める物件が欲しいと思っています。

 

特にタバコの壁紙のように、明らかに所有者の都合で汚された部屋を買うのであれば、よほど売買価格が安くないと、購入する気になれません。

 

買い手は色々な物件と比べていることを忘れてはいけません!

 

同じ価格だったら、タバコの跡が残っているマンションと残っていないマンションだったら、どっちを選ぶと思いますか?

 

やはりタバコの跡が残っていないマンションを選ぶ方が圧倒的だと思います。

 

自分の主観だけではなく、他社から見た時に、自分の売りたい物件がどのように映るのか、第三者の目線が必要です。

 

タバコ臭い匂いは消臭も!

そして、タバコの跡が残る物件の場合、壁紙の他にもう一つ大きな問題があります。

 

それは『タバコの匂い』です。

 

 

吸っている人間には当たり前になっている香りですが、禁煙家にとっては我慢できない匂いで、かなり問題になります。

 

内覧の時に、タバコの香りがプンプンとして、喫煙所のような家では、誰も買おうと思わなくなってしまいます。

 

特に最近は、喫煙者の数が減っており、タバコの跡を残る部屋が極端に嫌う人も多いです。

 

そのため、タバコの跡が残っているだけで、どんなに良い間取りでも悪いイメージがついてしまう可能性が高いです。

 

タバコのニオイを消すには、まずは壁紙の張り替えが大事ですが、それ以外にも専門業者によるタバコのニオイの消臭クリーニングが必要です。

 

タバコの跡を残さないように売り出すことで、マンションの売買価格を高く設定するか、もしくは手を加えない分、かなりマンションの売買価格を値引きして、買い手を引き寄せるか、どっちかの方法になってきます。

 

値引きをしたくないのであれば、リフォームをしたほうが良いですし、リフォームをしたくないのであれば、値引きをする覚悟が必要です。

 

「どっちも嫌」となってしまうと、なかなか買い手がつかなくなってしまい、長期戦になってしまう可能性があります。

 

長期戦になってくると、買い手の方も「売れるのかな?」と不安になってきて、結局は売り焦る気持ちが出て来て、値引きに応じてしまう可能性もあります。

 

関連ページ

査定価格にこだわりすぎない!
マンションの査定価格はあくまで参考!
リフォームが有効な場合も!
マンションを売る時にはリフォームは必要か?
掃除をして印象UPするべし!
マンションを売る時には徹底的に掃除をしよう!
時間に焦らない
マンション売買を焦っている人は立場が弱い!?
内覧が大事なポイント
マンションの内覧で買い手の購買意欲を刺激する!
仲介会社を選ぶ
マンションの仲介会社選びは慎重に!
営業マンの努力も大事!
マンション売買は営業マンの実力が問われる!