マンションを売る時には余裕を持つことが大事です

MENU

焦ると買い手に足元を見られる!

マンション売買は焦りが禁物です。

 

というのも、お金に困って、早く売りたいという気持ちが出てしまうと、買い手に足元を見られてしまう可能性があるからです。

 

早く売りたいという事情がある場合、出来るだけ早く売るために値引きに安易に応じてしまうこともあります。

 

どうしても事情によって、早く売りたい場合は、値引きに応じても良いですが、ある程度余裕があって、マンションを少しでも高く売りたいと思う場合は、少し余裕をもって売るようにする方がおススメです。

 

特にマンションが売れるまでの期間として平均的だと言われている3カ月くらいは、やはりまだまだ様子を見ていても良い状態です。

 

ただし、半年や1年近く経っても買い手がつかないと、どんどんと建物価格は下落してしまい、また1年古くなってしまいますので、良いことはありません。

 

そのため、3カ月〜半年近く様子を見ても、全く買い手がつかない場合は、価格を下げたり、仲介業者を変えてみたり、色々とテコ入れをするのに大事なタイミングになってきます。

 

やはり3カ月を過ぎても買い手がつかない物件は、仲介業者による集客力が低いか、それとも売り出し中の物件が、価格と部屋の状況のバランスが見合っていない可能性があります。

 

そのため、内覧希望者があまり来ないのであれば、仲介業者を変更し、内覧希望が来てもなかなか契約に結び付かない場合は、価格の見直しや部屋のリフォームも視野に入れて、考えて行く必要があります。

3カ月〜半年くらいの余裕はほしい!

中古マンションは平均的に3カ月〜8カ月程度の期間に売れると言われています。

 

そのため、売りに出してすぐに売れる場合は、かなり運が良い人です。

 

 

そのため、自分の思うような価格でマンションを売りたい場合は、3カ月〜8カ月程度の余裕をもって売りに出したいものです。

 

ただ、売り手にとっては、色々な事情もあり、早く売りたい人もいれば、いつまで待っても良いという人もいます。

 

早く売りたいの人の場合は、3カ月程度を目途に、今の状況を変えて見ること方がおススメです。

 

やはり早く売るために、一番効果的なのは値引きです。

 

値引きをすれば、買いたいと言う人が増えてきますので、やはり手っ取り早いです。

 

特にリフォームをしていない物件は、値引きによる交渉がかなり有効です。

 

既にリフォーム済みの物件は、それだけコストがかかっているので、「絶対に値引きしたくない」という気持ちが働くことも多いですが、リフォームなしなら、コストをかけていない分、値引きで交渉してしまう方が、売り手にとっても買い手にとっても、都合が良いケースがあります。

 

そのため、リフォームが必ずしも良い方に転ぶとは限らないので、難しい所です。

 

リフォームをしてしまえば、その分心理的に値下げに応じるのが難しくなってしまいますので、リフォームをしないまま値下げで応じる方が良いケースもあります。

 

ただし、値下げにどうしても応じたくない人は、どっちかっていうと、リフォームをして高く売るようにした方が向いている場合もあります。

 

関連ページ

査定価格にこだわりすぎない!
マンションの査定価格はあくまで参考!
リフォームが有効な場合も!
マンションを売る時にはリフォームは必要か?
掃除をして印象UPするべし!
マンションを売る時には徹底的に掃除をしよう!
タバコの跡が残る家は対処を!
ファミリー層に最も嫌がれるのは『タバコ』の痕跡!
内覧が大事なポイント
マンションの内覧で買い手の購買意欲を刺激する!
仲介会社を選ぶ
マンションの仲介会社選びは慎重に!
営業マンの努力も大事!
マンション売買は営業マンの実力が問われる!