マンションの内覧でイメージをUPします

MENU

整理整頓された綺麗な状態に!

マンションを高く売るためには、内覧で良い印象残すことが大事です。

 

内覧で良い印象を残すポイントとしては、やはり『整理整頓された綺麗な部屋』です。

 

 

ゴミが散乱していたり、掃除をサボった部屋は、やはり印象が悪くなりますので、せっかく内覧に来てもその後に契約につながらない可能性もあります。

 

多少汚くても、それなりに売買価格が安い場合は納得できますが、実際に内覧で実物を見てみて、リフォームが想像以上に必要だと思った場合などは、やはり購買意欲が下がってしまう可能性もあります。

 

値段と部屋の状況を見て、やはり買い手も出来るだけ手を加えないでも住めるような物件を好みますので、内覧ではリフォームや掃除を終えて、美しい状態で迎えるのが大事です。

 

やはり部屋の状態が良ければ、多少売買価格が高くても買おうという気持ちになりますが、状態が悪すぎると、例え適正価格であっても、なかなか買いたいとおもえなくなってしまいます

 

やはり中古の物件も、住宅ローンを組んで、購入しようと思っている人も多いので、出来るだけ綺麗な状態でほしいと言う気持ちがあります。

 

住宅ローンは人生でも大事な決断になりますので、やはり安い買い物ではありません。

 

部屋が汚く、リフォームが沢山必要となると、それだけ売買価格も低くならないと、なかなか決心ができません。

 

自分でリフォームをする手間は、やはり買い手にとっては大きなデメリットに映ってしまうしまう可能性が高いです。

 

内覧歓迎にすると人が集まる!

また、マンションがなかなか売れない物件の場合、売り手が『居住中』であまり内覧に積極的ではないというケースもあります。

 

既に売買物件に住んでいない人の場合は、内覧も気楽で良いです。

 

しかし、まだ物件に住んでいる状態の場合は、なかなか内覧を快く迎えられないというケースもあります。

 

中古のマンション売買は、動く金額も大きいため、買い手だって内覧をしないで購入しようとは思いません。

 

やはり早く部屋を内覧して、購入したいと思います。

 

内覧を歓迎している物件は、やはり人も集まりやすいので、内覧に協力することが大事になってきます。

 

また、マンション物件に居住中の物件は、買い手にとっても内覧は気を遣い嫌だという意見もあり、避けるケースもよく見られます。

 

居住している売り手も、居住中の物件にお邪魔する買い手も、どっちにとっても、『居住中』というのは、お互いに気を遣ってしまうため、あまり良い状況ではないのです。

 

マンションが売れたお金で、次の物件へ入居使用としている人もいるかもしれませんが、理想としては、内覧の時に既に退去している方が、内覧では望ましいと言えます。

 

どうしても事情によって居住中の内覧になってしまう場合は、やはり部屋を出来るだけ綺麗に保ち、温かく内覧希望者を迎える必要が出てきます。

 

居住中の内覧は、買い手にとっても、売り手にとっても、悩みの種になるということを覚えておきましょう。

 

精神的な負担が両社にとって大きくなります。

関連ページ

査定価格にこだわりすぎない!
マンションの査定価格はあくまで参考!
リフォームが有効な場合も!
マンションを売る時にはリフォームは必要か?
掃除をして印象UPするべし!
マンションを売る時には徹底的に掃除をしよう!
タバコの跡が残る家は対処を!
ファミリー層に最も嫌がれるのは『タバコ』の痕跡!
時間に焦らない
マンション売買を焦っている人は立場が弱い!?
仲介会社を選ぶ
マンションの仲介会社選びは慎重に!
営業マンの努力も大事!
マンション売買は営業マンの実力が問われる!