マンションの仲介会社によって売れる金額が違います

MENU

仲介会社には個性がある!

マンションの売買で選ぶ仲介会社には、色々と個性があります

 

それぞれの仲介会社によって、『ファミリー世帯に強い』『独身世帯に強い』など個々の強みがあるのです。

 

そのため、自分が売りたい物件を得意としている仲介会社にお願いをするのが一番大事です。

 

しかし、多くの場合、仲介業者がどのような物件を得意にしているのか、最初はわからないものです。

 

特に最初は査定額を高く見積もってくれた仲介会社を選ぶことも多いので、仲介会社の個性で選ぶことが難しいです。

 

ただし、仲介会社が自分の物件を売れるかどうかは、ある程度の時間が経てばわかります。

 

というのも、マンションが売れるまでの期間は平均的に『3カ月』と言われています。

 

そのため、3カ月を過ぎてくるとちょっとずつ、「本当にこの仲介会社で売れるのかな?」と疑問が出てくるようになります。

 

あくまで3カ月というのは、目安なので、3カ月で売れないからと言ってすぐに仲介会社を変えることは考えなくても良いですが、さすがに半年経っても変わらない場合は、仲介会社が合っていない可能性が出てきます。

 

売買に焦っていない人は、じっくりと半年くらいまで見てみるのも良いですが、やはり内覧希望者すらなかなか連れてこれないようだと、さすがに仲介会社を変えるべきです。

 

ただし、売り手があまり内覧に消極的な場合も、買い手がつきにくいので、やはり売れない原因を全て仲介会社のせいにするのも良くないことです。

 

時期を区切って変えてみるのも一つの手段!

そのため、仲介会社に3カ月程度お願いをしても、契約成立に全くカスリもしないような状況であれば、仲介会社を変えてみるのも一つの手段です。

 

早い物件は1カ月程度で売れてしまうこともあります。

 

 

マンションが平均的に売れていく期間である3カ月を過ぎた場合は、状況を変えなければ、更に長期戦に突入する可能性が出てきますので、あまり良い状況とは言えません。

 

仲介会社は変えず、値下げで様子を見るという方法もありますが、やはり3カ月の仲介会社の営業活動を総合的に判断して、全く内覧希望者が現れないとか、手応えを感じない場合は、やはり仲介会社に問題がある可能性がありますので、思い切って業者さんを変えてしまうことをおススメします。

 

逆に、内覧希望者などは沢山連れてはくるけど、なかなか契約成立まで結びつかない場合は、部屋に問題があったり、価格に問題がある可能性がありますので、仲介会社を変更しなくても、値下げやリフォームをすることによって、十分買い手がつく可能性もあります。

 

やはり安易に『期間』で区切るのではなく、その期間に仲介会社がどのくらいの仕事をしてくれたのかもしっかりと見ておく必要があります。

 

仲介会社の仕事ぶりにあまり納得が出来ない場合は、やはり3カ月程度を目途に変更するのも良いと思います。

 

どんどんと売れない期間が長引けば、物件も築年数が古くなるだけで、良いことは全くありません。

 

やはり早めに売れる方が良いに決まっています。

 

 

関連ページ

査定価格にこだわりすぎない!
マンションの査定価格はあくまで参考!
リフォームが有効な場合も!
マンションを売る時にはリフォームは必要か?
掃除をして印象UPするべし!
マンションを売る時には徹底的に掃除をしよう!
タバコの跡が残る家は対処を!
ファミリー層に最も嫌がれるのは『タバコ』の痕跡!
時間に焦らない
マンション売買を焦っている人は立場が弱い!?
内覧が大事なポイント
マンションの内覧で買い手の購買意欲を刺激する!
営業マンの努力も大事!
マンション売買は営業マンの実力が問われる!